セラミックがオススメ!キッチンシャプトンが安い 2017年度

#2000で研いだ後に本品#5000で仕上げました。素晴らしい!の一言。安物の鋼包丁でも顔が映る程の鏡面に仕上がります。

いまオススメの商品!

2017年01月05日 ランキング上位商品↑

シャプトン セラミック キッチンシャプトン セラミック砥石 刃の黒幕 エンジ #5000(研ぎ石 包丁 キッチン用品 キッチン雑貨 包丁研ぎ 包丁とぎ 包丁研ぎ器 刃物 研ぎ とぎ 仕上げ キ

詳しくはこちら
 by 楽天市場

とても使用感がよく!メロンへの中継役にぴったりです。皆さんのレビューの評判が良かったので半信半疑で購入。#12000仕上げにも惹かれましたが!家庭用の実用レベルなら#5000までで十分と思います。家庭用包丁や実用ナイフには十分と思える鏡面に仕上がります。不純物(油等)を吸いやすいのと!水に浸しすぎないように保管や管理はチョッとシビアにする必要があります。それでも充分滑らかで研ぎ時間は短縮されます。研ぐ時間も短く!鏡のようにとは言えませんが!キラリと光り本当に良く切れます。これで十分です。細かい作業でも滑らかに切れてくれるので自分が上達した気になります(笑)私個人としては費用の面からもこのオレンジとエンジの二つで十分切れ味のよい包丁に仕上がってるので大満足してます。評判通りの良い砥石です。面直しは!使用後毎に#1500と他のものをこすり合わせると今のところ大丈夫です。おかげで包丁がよく切れるようになりました。シリーズで揃えたくなりました。砥石ケースが砥石台となり、キッチン台との間に濡らした布巾を敷くとしっかり安定します。1000!2000!5000を一緒に購入しました。ステンレスの包丁を研ぐのにこれがよいと聞いたので早速購入一緒に仕上げ用の砥石も買いました。このシリーズは本当に使いやすい。月に一度低度の家庭レベルの包丁研ぎや趣味でのナイフ研ぎ低度なら20年位使えるかも?仕上げ用として1000・2000・5000を購入しました。包丁より砥石の方が高いと言うのも・・・・・ですからね。。夜な夜な昔話に出てくる包丁を研ぐおばあさんみたいになる覚悟がある方のみの購入をお勧めしますw妻にプレゼントです。確かにメロンの威力は凄いもので!満足のゆく鏡面処理が出来!切れ味も長持ちするようになりました。必要無くても研ぎたくなる衝動に駆られます。無論、切れ味の点でも申し分なし。配送が早くて助かります。#5000なのにここまで研ぎやすいとは。出来れば研ぎ台はケースではなく!123を使用する事をお勧めします。(当方の刃物は、モリブデンバナジューム系、ステンレス系が中心です)商品の到着も早くお店の対応も親切で大満足です(^-^)V10Gの牛刀の仕上げに使いましたが、とても良く切れるようになりました。ハサミやナイフも見事に生き返りました。粉末鋼製の硬い包丁砥ぎに使用してますが、マズマズ砥ぎ味は良好です。包丁8本を仕上げても!全く減った感じのしない耐久性です。鏡面処理にあまりにも時間がかかり過ぎる事と!砥石への負担が大き過ぎました。水に浸けてなくてもつかえるし、ケースが、そのまま台にもなるのでとてもいい!皆さんのレビューを見て購入しました。スプレーなどで水を吹きながら使用する事をお勧めします。特に!刃の鏡面処理に拘らないのであれば!メロンよりエンジで十分だと思います。。値段はまあそれなりにしますが、仕上がり感は、とてもいい感じでよく切れるようになりました。月に1回のペースぐらいで研いでますが私のような素人でも短時間で砥げるし扱いやすいのが気に入ってます。自分は寿司の板前です。。ステンレス包丁を研いだのですが、しっかりした刃が短時間でつきます。特に研いだ直後に使用した時はスパッととても切断面がきれいです。気に入ってくれたようです。当然ですよね?若干目詰まりし易い気がします(なので正確には星4.5)が刃の仕上がりは文句無し。膨張率の差で割れてしまうからです。普通の包丁なら!この辺で十二分だと思います。オレンジのこちらでも十分な感じですが、やはり仕上げするともっとすごいですね。趣味レベルで刃物を扱う素人です。#1000番と一緒に購入したのですがこちらの研ぎやすさに一番驚きました。1mmも減っていないので平面体に合わせても光も見えない減り加減でした。絶対水に何十分も浸してはいけません。#1000!#2000を所有した為#5000も買ったれwそんな感じです。野菜の皮をむくときもスーッと切れて気持ちがいいです。こんなに気持ちよく切れるって思い出しました。噂に違わぬ高性能砥石ですね。しかし!3000からいきなりメロンは無謀でした。砥石は!既にセラミック系を400!1000!3000を使用しておりました。永く使ってゆきたいと思っております。#1500!#5000!#12000にしました。#1500が普通の砥石の#800〜1000位の研磨能力があるように思います。その最終仕上げとして、先日、メロン(8000)を購入しました。キャンプ用ナイフの 仕上げように購入しました。そこで、時間短縮と砥石の保護、私の疲労の軽減の為に、このエンジ(5000)を購入しました。本当は粗砥・中砥・最後に仕上げ用でメロンあたりがいいと聞いたのですがプロの職人さんじゃないし!趣味でやってるのでなるべく時間をかけずに気軽に始めようと思ってオレンジ#1000と一緒に購入しました。